外食産業の現状

 

 

1.外食産業とは

 

 

あなたは「外食産業って何?」と聞かれたら

何て答えますか?

 

「外食をするところ」

と答えると思います。

 

ヘタしたら「ブラック産業だよね」

なんて答えることも・・・。

 

スポンサーリンク



 

一概に間違いとは言えませんが、外食とは

食事をする空間とともに

食事を提供する形態の業種

と定義されています。

 

そう、外食産業では食事はもちろん

食事する場所も提供されているんですね。

 

そのためには調理をする人やレジ・ホール係

売り上げや在庫を管理する人等

様々な人やモノ、が必要になります。

 

 

そんな中、

外食産業はブラックだ

というイメージが!

 

外食産業は様々な問題を

抱えていますからね。

 

それを払しょくするべく「働き方改革」

に取り組んでいるのが

伯食屋」。

 

そこで、外食産業の実情と

伯食屋の取り組みについて

取り上げていきます。

 

 

2.外食産業の実情

 

 

・長時間労働

 

最近は問題になっていますが、

「24時間営業」とか「早朝から深夜まで」

というお店が多いですよね。

 

そうなると長時間労働にならざるを得ない

ということになります。

 

今では従業員が確保できないという現状

があります。

 

そうすると、少ない従業員の中で

お店を展開しなければならないので

どんどん勤務の長時間化が進みます。

 

それが嫌になって退職する人が出てきて

残された従業員のますますの長時間労働化が

進みます。

 

まさに「麩のスパイラル」ですね。

 

 

・低賃金

 

外食産業全体で見ると、

店舗数の増加に比べて

売り上げはあまり伸びていない様子。

 

その割に長時間労働。

 

そうなると「賃金が削られる」

という最悪の事態が。

 

私の友人が居酒屋の店長をしていましたが、

お客さんが少ない時間帯には

自らがホールまたは調理をする

という始末。

 

また、本社への報告書や在庫管理、

勤務シフトの作成、予約や苦情への対応

売上管理などやることが盛りだくさん。

 

長時間労働にならざるを得ない状況。

 

「店長」という「役職者」なので

残業代は出ない。

 

ですので「長時間労働・低賃金」になり

悲鳴を上げていましたね。

 

その友人はその居酒屋を退職して

今では全く違う仕事をしています。

 

私の友人なんて氷山の一角。

 

もっとひどい目にあっている人も

いるんでしょうね。

 

スポンサーリンク



 

 

【伯食屋】の取り組み

 

上記を見てみると、

「外食産業ってブラックだな」

と思われるかもしれません。

 

しかし、「脱ブラック」に取り組んでいる

企業も出てきています。

 

そのうちの一つが「伯食屋」さん。

 

伯食屋さんはその字の通り

「1日100食限定」のお店。

 

また、「伯」という字は

「人大切に」という思いが

込められています。

 

「伯食屋」さんでは

自分が働きたい会社

を目指しています。

 

一番譲れないのが

「家族そろって晩御飯を食べること」。

 

そんな伯食屋さんが取り組んでいることは

以下の通りです。

 

 

1.百食売ったら即帰る

 

「100食限定」ということで始まった

伯食屋。

 

ほとんどの会社は「〇時から〇時まで」

と勤務時間が設定されます。

 

しかも、時間内に終わらないような量の仕事

があって残業を強いられる。

 

まずそこにメスを入れた伯食屋さん。

「終わった早く帰れる」と思えば

頑張って早く仕事を終わらせようとする。

 

つまり

頑張った分だけ

自分に返ってくる

という仕組みを作りました。

 

これによって残業がなくなり、

営業時間が終わったら帰れるという

夢のようなお話が待っていました。

 

 

2.売り上げ至上主義・多店舗展開をしない

 

経営者たるものは

「もっと売り上げを上げろ」

「もっと事業を拡大させなければ」

と考えるのが普通でしょう。

 

これらを捨てたといったら言い過ぎですが、

これらを成し遂げようとすると

捨てなければならないものが出てくる。

 

そうなると

「自分が働きたい会社」にならなくなると

考えたようです。

 

ただ、そのようなお店でも店員が成長し

「店長を任せられる」ほどになって

店舗を増やしたこともあります。

 

 

また、100食売れるようなお店なので

「夜間も営業したら?」

という声もあるようです。

 

しかし、これをやると

「売り上げが昼と夜に分散するだけ」

と考えたようです。

 

つまり「お客さんが分散」するだけで

売り上げは大して変わらないと思い、

それだったら「早く帰れる」ことを

重視しました。

 

挙句の果てには「50食屋」にしよう

とも考えたようです。

 

そしたら従業員が少なくて済むし

利益はそれほど減らないと

考えているようです。

 

 

それはさておき、早く帰れれば

サークル活動したり

家族でどこかに食事に行ったり

育児時間がふえたり婚活したり等

好きなことに時間を費やすことができます。

 

つまり

プライベートの充実

が図れます。

 

めちゃくちゃホワイトじゃないですか。

「そんな会社があるんだな」

と思ったのと同時に

「考え方ひとつで変わるんだな」

と思いました。

 

 

【伯食屋】の取り組みのまとめ

 

伯食屋さんでは

 

・1日100食限定

・残業しない

・売上至上主義ウィしない

 

というスタンスで事業を展開しています。

 

今では珍しい?ホワイト企業。

もちろん最初からうまく行っていた

わけではないのでしょうが、

これこそが「働き方改革」が眼ざしべきもの

ではないでしょうか。

 

今後一つでも多く

ホワイト企業が増えますように!

 

スポンサーリンク