【福羽イチゴ】とは

 

 

あなたは「福羽イチゴ」

といういちごをご存じですか?

 

タイトルのとおり、福羽イチゴは

国産イチゴの元祖!

 

 

スポンサーリンク



 

 

「福羽イチゴ」は

「新宿御苑」で誕生し、

現在は直接流通していません。

 

 

現在人気の「あまおう」や「とちおとめ」、

「さちのか」、「とよのか」等は

「福羽イチゴ」の子孫。

 

そんな「福羽イチゴ」が

どのように誕生したのか、

また、現在の取り扱いについて

取り上げていきます。

 

 

【福羽イチゴ】の誕生秘話

 

「福羽イチゴ」が誕生したのは

1898年(明治31年)のこと。

 

なんと、国産イチゴの元祖は

新宿生まれ。

 

どこかの田舎町ではなく、「新宿」

というあたりに意外性を感じます。

 

誕生された場所は

『新宿御苑』内の栽培試験場。

 

「福羽逸人」という農学博士

がフランスの「ゼネラル・シャンジー」

というイチゴ品種から国産イチゴの元祖

を誕生させました。

 

このイチゴは

「福羽逸人」さんの名前をとって

「福羽イチゴ」と名付けられました。

 

当時の新宿御苑は皇室の御料地でもあり

「御料イチゴ」とも呼ばていました。

 

そのため門外不出とされましたが、

現在の主要のイチゴの生みの親に

なっています。

 

 

ただ、このころはまだ一般的には

普及していませんでした。

 

日本でイチゴが普及したのは

戦後にアメリカ産の『ダナー』

という品種が輸入されてからだと

言われています。

 

 

その後、様々な品種のイチゴが

誕生しましたが、そのほとんどがこの

「福羽イチゴ」の子孫。

 

福羽逸人さんは偉大な人でしたね。

 

スポンサーリンク



 

 

【福羽イチゴ】の現在の取り扱い

 

様々な品種の生みの親である

福場イチゴ。

 

現在ではスーパーなどでは

残念ながら流通、販売されていません。

 

ただ、一部のイチゴ農家の方等が

独自に栽培しています。

 

 

そのうちの一つが静岡県にある

「常吉いちご園」

さん。

 

「常吉いちご園」さんは

日本のいちご栽培発祥の地。

 

「福羽イチゴ」は貴重な品種であるため

そのままの形では販売されていません。

 

「常吉いちご園」さんでは

栽培した「福羽イチゴ」の一部を

ジャムに加工して販売

しています。

 

「福羽イチゴ」100%のジャムというのは

なんとも感慨深いですね。

 

 

また、茨城の「むつみ農園」さんでは

様々な品種のイチゴ狩りを

することができます。

 

その中にはなんと「福羽イチゴ」が!

 

イチゴ狩りですので

そのままの「福羽イチゴ」を

食べることができます。

 

国産イチゴの元祖である「福羽イチゴ」

を直接食べるというのも感慨深いですね。

 

 

また、菓子店や百貨店の菓子売り場にも

「福羽イチゴ」を使ったお菓子が

販売されています。

 

イチゴジャムを使ったお菓子や

「福羽イチゴ入りいちご大福」

等様々なお菓子が作られています。

 

 

意外と様々な場面で登場する

「福羽イチゴ」。

 

そう考えると「福羽イチゴ」を

栽培しているいちご農家さんは

意外と多いのかもしれません。

 

 

【福羽イチゴ】についてまとめ

 

今回は福羽イチゴについて

取り上げてきました。

 

「福羽イチゴ」は国産イチゴの元祖で

「福羽逸人」によって発見されたイチゴ。

 

御料地でもある「新宿御苑」で

発見されたため、門外不出と

されてきた「福羽イチゴ」。

 

ただ、今では様々なイチゴの

「生みの親」的存在で、

現在でも一部のイチゴ農家によって

栽培されています。

 

誰かが秘密を洩らした

ということでしょうか。

 

 

また、スーパー等で直接販売されていない

というのは残念ですが、

直接農園に行ったら味わうことが

可能です。

 

「福羽イチゴ」はジャムとして加工されたり

お菓子の材料に使われたりしているので

知らないうちに食べているのかも

しれません。

 

今では様々な品種改良が進み、

美味しいイチゴの品種

がたくさんあります。

 

その陰には「福羽逸人」さんが発見した

「福羽イチゴ」の存在が!

 

私を含むイチゴ好きの皆さん、

「福羽逸人」さんと「福羽イチゴ」を

思い浮かべながらイチゴを

食べていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク