蕎麦について

 

あなたは「蕎麦」は好きですか?

 

私は麺類全般が好きで、

蕎麦もよく食べています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アレルギーで食べられない人もいれば、

よく食べるという人もいると思います。

 

「年越しそば」等のように頻度は少ないけど

縁起物として食べる人もいますね。

 

 

このように、

生活の中に溶け込んでいる蕎麦。

 

しかし、生活に溶け込んでいる蕎麦のこと

でも知らない「蕎麦の謎」があります。

 

そんなそばについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、蕎麦の豆知識について

取り上げていきます。

 

 

【蕎麦の豆知識】

 

 

1.蕎麦を盛る「せいろ」

 

お蕎麦屋さんのメニューを見ると

「ざるそば」と「もりそば」と書かれている

場合が多いですが、

「せいろ」と書かれている場合があります。

 

「せいろ」はもともと

「蒸し器」である「蒸籠」

(せいろう)のことで

肉まん等を蒸し上げるもの。

 

街中で見かけた人も多いはず。

 

つまり、せいろは

道具の名前

から来ています。

 

江戸時代のころには蒸籠を使った

「蒸しそば切り」という蕎麦が

提供されていました。

 

それが時代とともに山盛りのそばを

蒸籠に盛り付けて「盛り蒸籠」と

呼ばれていました。

 

さらに時代が流れて「せいろ」

と呼ばれるようになりました。

 

今では「ざる蕎麦」や「盛り蕎麦」が

蒸籠に乗っているのは

江戸時代からの名残だったんですね。

 

「伝統が守られている」というところが

嬉しいですね。

 

スポンサーリンク



 

 

2.蕎麦屋の店名の「庵」

 

蕎麦屋の店名に「庵」という言葉が

使われています。

 

「庵」が使われるようになった由来は

お寺から来ています。

 

そのお寺とは

江戸時代の浅草の称往院。

 

称往院の境内に

「道光庵」という庵

がありました。

 

道光庵の主人は蕎麦打ちの超名人。

参拝客に蕎麦をふるまっていたところ

めちゃくちゃ美味しいと話題に!

 

当時のグルメランキングであるである

「富貴地座位」でトップ

になるほどの美味しさ。

 

そのため、お寺の中が蕎麦を食べるために

押し寄せた参拝客で溢れかえり、

修行の妨げに!

 

これを見かねた称往院の和尚が

「蕎麦禁断の碑」を立てて

境内でそばを食べることを禁止

するほどに。

 

この

「道光庵」の名声に

あやかろうと

蕎麦屋の名前に「庵」が

つけられる

ようになりました。

 

「庵」という名前は

そんな昔の出来事から

来ていたんですね。

 

 

3.年越し蕎麦、引っ越し蕎麦の意味

 

下記の記事

 

 

【6月11日】今日は何の日?豆知識「めんの日」蕎麦の豆知識

 

 

にあるように、年越しそばは

 

・前年の厄を切る

・健康長寿

・お金が集まる

 

という意味が込められています。

 

 

また、引っ越し蕎麦は

そば(近所)に引っ越しました

という意味が込められています。

 

 

年越し蕎麦も引っ越し蕎麦も

縁起物として食べられてきています。

 

スポンサーリンク



 

 

4.1人前のそばが少ない理由

 

「1人前の蕎麦って少ないな」

と思うことがありませんか?

 

結論から言うと、それは

最後まで美味しい蕎麦を

食べてもらう

 

大盛りのそばをいっぺんに出すと

食べ終わるころにはどうしても

味がおちてしまうため。

 

そのため、たくさん食べたいときは

「おかわり」をしていただくとのこと。

 

また、

「空腹に勝る調味料はない」

という言葉があるように、

お腹が満たされるほど美味しさを

感じにくくなるのかもしれません。

 

決して出し惜しみしているわけでも

ケチっているわけでもないんですね。

 

 

5.蕎麦屋のおつまみに板わさが多い理由

 

板わさとは

かまぼこにワサビを添えたもの。

 

江戸時代は今と違って

蕎麦屋に行く=居酒屋に行く

という感覚でした。

 

蕎麦を食べる前(蕎麦前)に

お酒を一杯飲むというのが

通とされていました。

 

そして〆に蕎麦を食べて退店。

 

つまり、板わさは「お通し」

のようなものだったんですね。

 

 

6.蕎麦切り包丁について

 

祖派を作るとき、薄く伸ばした生地を

何層にも重ねていきます。

 

厚さ約3cm、長さ30cmの蕎麦生地を

均等に切っていかなければなりません。

 

これを普通の包丁でやるのは

至難の業。

 

そこで登場するのが蕎麦切り包丁。

 

普通の包丁と違って、切り口が平らですので

均等に切りやすい。

 

ただ、素人が切ると

太さが不均一なうどんになってしまいます。

 

厚さ方向にも長さ方向にも

均一に切りやすくするために考えられたのが

蕎麦切り訪朝なんですね。

 

 

【蕎麦の豆知識】まとめ

 

蕎麦の豆知識について

取り上げてきました。

 

江戸時代から続く風習も多く

「古き良き時代」のものが受け継がれている

ということがわかります。

 

また、縁起物としても食べられて、

生活の中にも溶け込んでいます。

 

そんな奥の深い蕎麦。

なんて堅苦しく考えないで

美味しくそばを食べていただけたら

幸いです。

 

スポンサーリンク