【ハイパーV】とは?

 

あなたは【ハイパーV】という靴を

ご存知ですか?

 

ハイパーVとは

「日進ゴム」さんが制作した

転倒防止用の靴

 

スポンサーリンク



 

私は雪国に住んでおり、

老若男女問わず、また自分自身も

冬道等で転倒しています。

 

 

という話を聞いた、特に若い方

「たかが転倒」と侮ってはいけません。

 

転倒の仕方次第では

骨折等の重症にに至る場合も!

 

高齢になってくると骨が弱くなるので

ちょっとしたことでも骨折に!

 

そうなると入院を余儀なくされ、

歩けなくなり、更には認知症に至ることも!

 

これ元をたどれば転倒が原因

ということになります。

 

私は入院経験があるので

転倒→骨折→認知症になった人を

何人も見てきました。

 

まして、これからますます進む

超高齢化社会。

 

転倒による骨折は避けなければなりません。

 

 

そこで登場するのが

日進ゴムさんが制作した「ハイパーV」。

 

あらゆる場所でも滑らないようにと開発した

渾身の靴と言っても過言ではありません。

 

そこで「ハイパーV」の種類について

取り上げています。

 

 

【ハイパーV】の種類

 

 

1.ラバーシート

 

靴底をはじめ、設備のステップや

製品・金型の輸送・固定等

様々な使い方ができるシート。

 

水や油、石鹸などが飛散した路面でも

滑りにくく、素の滑りにくさは

通常のラバーの2.5倍。

 

ラバーの性能の秘密は

静摩擦から動摩擦への移行がスムーズに!

 

これにより極めて高い摩擦力が得られること

になります。

 

 

ただ、ゴム製シートなので

消耗は避けられません。

 

それでも、

急激に滑り止め機能が落ちない

のが特徴。

 

滑りにくいということで

スポーツや介護な等様々な場面で

利用されています。

 

 

床の材質によっては

濡れたらとても滑りやすくなります。

 

健常者でさえ転倒することもあるのに

高齢者や介護を受けている方は

ますます転倒する恐れがあります。

 

滑って転倒⒮るという危険が減れば

お出かけもしやすく、

健康的な生活の一助になりますね。

 

スポンサーリンク



 

 

2.スタッドレスソール

 

私のように雪国に住むものにとっては

冬の路面の滑りやすさは

悩みの種

 

滑りやすい路面に対する挑戦を続けて

できたのがハイパーVスタッドレスソール。

 

スタッドレスソールは

靴の上からかぶせて使うタイプ。

 

どのような靴にも着脱可能な

アタッチメントタイプ

何ですね。

 

 

普通の靴を履いてスケートリンクの上

で走ると転倒するのは必至。

 

しかし、ラバーソールをかぶせることで

スケートリンク上での走行が可能に!

 

まさに雪国に住む方々の救世主

と言えるのではないでしょうか。

 

床を傷つけない構造になっているので

冬の路面はもちろん、食品工場の冷凍倉庫等

でも利用可能に。

 

電車や店内にもそのまんま入ることができます。

 

冬の悩みの種の一つである滑りやすさを

解消することができれば

お出かけもしやすくなりますね。

(寒いのは置いといて)

 

 

3.HyperV® 粉

 

滑りやすいところで

意外と見落としがちなのが

粉が散乱している床。

 

乾燥した粉の上を歩くのって

滑るんですよね。

 

そこで開発されたのが

HyperV® 粉。

 

ほうきで吐き出すような働きで

滑るのを防ぐ構造になっています。

 

お菓子屋パンの工場や建設資材工場等

細かい粉が出やすいところで

効果を発揮します。

 

なお、つま先が固い安全靴タイプ

もあります。

 

「滑る」という悩みがなくなれば

仕事がはかどること間違いなし

(こき使われる?)

 

 

【ハイパーV】とは?

 

今回は【ハイパーV】について

取り上げてきました。

 

日進ゴムさんが製造している

滑り止め。

 

「滑って転倒」と言うのは

誰もが起こりうる危険。

 

これによるけがで寝たきりになったら

と思うといたたまれません。

 

ぜひこの【ハイパーV】を転倒防止に

使っていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク