【手こね寿司】ってどんな寿司?

 

6月も中旬から下旬に差し掛かり、

あっさり・さっぱりしたものを

食べたくなります。

 

「冷やし中華始めました♪」

という芸人張り紙が登場したり

家庭では冷や麦が登場したりします。

 

そんな中、あっさりしたもので

注目したい一品としてあげられるのが

手こね寿司」。

 

スポンサーリンク



 

あなたは「手こね寿司」を

ご存知ですか?

 

手こね寿司とは

重県伊勢志摩の郷土料理

 

マグロやカツオ等の魚の切り身を

醤油漬け(ヅケ)にして

酢飯の上に盛ったちらし寿司の一種。

 

 

一瞬

ただの鉄火丼じゃん

と思ったのは私だけでしょうか?

 

しかし、手こね寿司はマグロ以外の切り身も

使っていて、しかも醤油漬けにしている。

 

それに対し鉄火丼はマグロの切り身のみを

使っていて、

醤油やワサビを

食べるときにかけ

 

こうすることで変わるのが

」と「食感」。

 

「ヅケ」にしている「手こね寿司」は

醤油ダレの味が染みていて濃厚。

 

そしてマグロが柔らかく、それに比べたら

鉄火丼はマグロがしゃっきりしています。

 

 

どちらが好きかは好みによりますが、

私は「手こね寿司」を食べてみたい。

 

「ヅケ」で使う醤油ダレは

あらゆる工夫がされていて

お店によって味わいが違ってくるはず。

 

「手こね寿司の食べ歩き」

なんてやったら美味しくて楽しそう。

 

 

ただ、三重県は伊勢えびや松阪牛など

美味しいものが盛りだくさん。

 

長島スパーランドも楽しそう。

 

三重県って美味しいもの、

楽しいことにあふれたいいところですね。

 

 

【手こね寿司】の由来

 

「手こね寿司」の由来は

漁師の賄い飯

 

伊勢市観光協会等によると、手こね寿司は

船上で釣ったばかりの

季節の魚をヅケにし、

それを酢飯と一緒に手でこねて

作った賄い飯

 

今は手でこねて作っている

というわけではありませんが、

もともと手でこねて作っていたんですね。

 

それが漁師の賄い飯としてふるまわれていて

漁師の元気の源になっていたんですね。

 

これが「手こね寿司」の由来です。

 

 

さて、いつも思うのですが、

漁師ってズルい!

 

もちろん大変な仕事であることは

百も承知。

 

しかし、漁師の賄い飯は「手こね寿司」

を含めて全て美味しそう。

 

釣りたての飛ぼ切新鮮な魚。

 

また、傷むのが早くて市場では出回らない魚

や魚の部位等を食べることができる。

 

私も「味見係」として

船に乗り込みたいですね

(怒られるわ!)。

 

スポンサーリンク



 

 

伊勢志摩の魅力

 

2016年に行われた

G7伊勢志摩サミット

の舞台となった伊勢志摩。

 

そんな伊勢志摩には二力がたっぷり!

 

その魅力について取り上げていきます。

 

 

1.伊勢えび

 

伊勢と聞いてまず思い浮かぶのが

伊勢えび」。

 

「っていきなり食べ物かい」

と言われそうですが、

その通りです。

 

私は食いしん坊ですから(笑)。

 

旅行をするなら

美味しいものが第一

というのは譲れません。

 

伊勢えびはおせち料理等税田品として

お目にかかります。

 

しかし、どうしても新鮮な伊勢えびに

ありつけることができない。

 

それでも甘くて美味しい伊勢えび。

 

多少高くても地元でとれる旨味が詰まった

新鮮な伊勢えびは食べてみたい。

 

さぞ生でも焼でも美味しいことでしょう。

 

 

2.カキ

 

伊勢志摩の海は

プランクトンが豊富。

 

それゆえに「海の幸」に恵まれています。

 

その環境の下で育ったカキ。

これが美味しくないはずがありません。

 

もともとカキが嫌いだった私。

しかし、下記の記事

 

【11月21日は何の日?】「カキフライの日」カキ嫌いを克復してくれた恩人

 

のとおり、美味しいカキと子供の優しさで

カキの美味しさに目覚めてしまいました。

 

伊勢のカキは「的矢かき」

というブランドカキ。

 

プリプリの身からあふれ出るエキスは

「海のミルク」といわれるぐらい

栄養がたっぷり。

 

それでいて濃厚な味わいで

とても美味しい。

 

そんなカキを見逃しはずがありません。

 

 

3.伊勢神宮

 

いくら食いしん坊な私でも

外すわけにはいかないのが

伊勢神宮。

 

もはや知らないものはいないというぐらい

有名になった伊勢神宮。

 

伊勢神宮の起源は約2,000年前という

歴史のある神宮。

 

その後遷宮を繰り返しており

古さと新しさが混在している伊勢路神宮。

 

その中には樹齢700年の樹木等もあり

長い歴史を歩んできたことがわかります。

 

まさに「日本文化のミュージアム」。

 

伊勢神宮へ参拝に行くと

煩悩の塊である私の心が洗われそう。

 

ぜひ行ってみたいですね。

 

 

鳥羽水族館

 

飼育種類数日本一

と名高い鳥羽水族館。

 

その数は何と1200種類。

「どんだけいるんだ!」と

ツッコみたくなりますね。

 

そして何といっても日本ではここでしか

飼育していないという

ジュゴン」。

 

 

テレビ等で見たことはありますが

生では見たことがない。

 

他にも見たことがないものが

たくさんあるはず。

 

また、2015年に作られた「奇跡の森」

も見どころの一つ。

 

森の中にいる生き物たちが

縦横無尽に動き回っており

まさに森を探検しているかのよう。

 

もちろん水族館だけあって

ショーも充実。

 

特にセイウチのショーは

面白いと有名です。

 

恐るべし鳥羽水族館。

 

 

手こね寿司と伊勢志摩の魅力まとめ

 

手こね寿司と伊勢志摩の魅力について

取り上げてきました。

 

新鮮なマグロやカツオなどをヅケにして

酢飯に盛りつける手こね寿司。

 

聞いただけでも美味しそう。

 

 

そして伊勢志摩の魅力。

 

伊勢えびやカキ、伊勢神宮に鳥羽水族館等

美味しいものや見どころが満載の

素敵なところですね。

 

伊勢志摩だけでなく三重県は

鈴鹿サーキットや長島スパーランドもある

まさに魅力にあふれたところ。

 

ぜひ一度足を運ばれてはいかがですか。

 

スポンサーリンク